見出し画像

編集長を募集しています!【株式会社ユーティルの求人・募集要項】

株式会社ユーティルに興味を持っていただきありがとうございます!
このページは「コンテンツマーケ・編集長」の求人概要です。

ユーティルでは「圧倒的に優良なコンテンツを作る」ことを目指しています。SEOで1位を取ればOK。ではなく、どうすれば読者の方に行動してもらえるか・感動してもらえるかを考えてコンテンツ作りを行っています。

ユーティルはサービスの「立ち上げ期」です。本ページを読んでいただき「面白そうな会社!」と思っていただけたら是非お力を貸していただけると嬉しいです!

興味を持っていただけた方は、下記よりご応募ください。

ユーティルの事業内容

スクリーンショット 2020-06-28 16.31.53

私たち株式会社ユーティルは「中小企業のDX支援インフラ」を目指し、領域特化型のマッチングプラットフォームを運営する企業です。

【主な事業内容】
■『Web幹事』とは?

Web制作を依頼する人のためのポータルサイト『Web幹事』を運営しています。

ホームページ制作を依頼したい法人とWeb制作会社をマッチングするサービス。サービス開始2年弱で毎月数百名の方からご相談をいただいております。

【ユニークな特徵】
お客様からプロが直接ヒアリングやカウンセリング。Web制作の現場で実際に培ってきた知見を用いて先方の課題や要望をあぶり出し、最適なWeb制作会社を「人の力で」見つけて紹介します。

一般的な「一括見積もりサイト」は、条件に合う企業を機械的にリストアップしているのに対し、Web幹事では選定から発注までをプロが丁寧にサポートします。この点が評価されて急成長中です。

【これからの展望やビジョン】
DX領域を中心にあらゆる分野のマッチングプラットフォームを展開していきます。動画制作やシステム開発、SaaSなど、ソリューションやツールはどんどん増え続け、選定に関するコストは急激に高くなっています。

企業がより効率的な経営を行うための、最適な選択肢をユーティルがレコメンド。
担当者にとっての”分からない”をなくし、最適なサービスと出会うためのご支援を行うことで「DX支援のインフラ」を目指します。

第2弾のプラットフォームとして、「動画制作」領域のマッチングプラットフォーム「動画幹事」の運営も開始しました!

【 メディア掲載 】
TechCrunchやThe Bridgeをはじめ、様々なメディアに掲載されています。

◇ ウェブ制作経験者が人力で最適な紹介を——B2Bマッチング「Web幹事」
https://jp.techcrunch.com/2018/11/05/web-kanji-released/

◇ Webサイトの制作会社探しから要件ヒアリングまで、コンシェルジュに無料で丸投げできる「Web幹事」がローンチ
https://thebridge.jp/2018/11/utill-launches-web-kanji

◇ SEO一本で認知度を急上昇させた秘策とは!?選ばれるWeb制作会社の条件とは!?日本最大のWeb制作会社ポータルサイト「Web幹事」の社長に突撃取材してきた!
https://tokyofreelance.jp/interview-webkanji/

ユーティルが目指す姿

【 事業への想い 】
『あらゆるBtoB領域の「課題解決窓口」を創り出す』

Web幹事は、自社でWeb制作を行なっていたときに感じた課題を解決したいという想いから創ったサービスです。(ユーティルはもともとWeb制作会社でした)

当時、お客様から「ホームページのことは良く分からない」「どの業者さんに依頼すれば失敗しないのか」と幾度となく相談を受けた経験から、同じような悩みを抱える企業さんは多いはずと考えました。

自分の事を振り返ってみると、同じような気持ちは色々な場面で味わって来ました。オフィス移転や内装工事、採用・人事など、「専門的なことはわからない」「プロに相談したい」という局面に、仕事をしていれば必ずぶつかるものです。

そういった「わからない」「面倒くさい」を解決し、しっかりと信頼性のある情報を届けているサービスはBtoBにはほとんどありません。

「一括見積もりサイト」はたくさんあります。しかし、見積もりサイトは紹介したらそこで終わり。安心して依頼できる「相談窓口」は意外にないのが実情です。

ユーティルでは、そういった情報の非対称性が大きい個々のBtoB領域に特化して「相談窓口」をつくりたいという想いのもとサービスづくりを行なっています。

ユーティルのメンバーや雰囲気

画像2

【一緒に働くメンバーたち 】
・コアメンバーは7名(2020年7月1日現在)
・20代後半〜30代のメンバーが中心
・フリーランスや副業の方が多数ジョインし、約15名がチームメンバー
・職種は開発、インサイドセールス、編集、ライターなど
・ベンチャーキャピタル出身者、ITベンチャー出身の敏腕エンジニア、SEOコンサル会社TOP営業マン、大手オウンドメディアの編集長経験者、BtoBポータルサイトのディレクターなど多様な人材が揃っています。

働き方は人それぞれ、雇用形態は不問。ビジョンややりたいことに向かっているなら、自由出社や時短、リモートなどの関わり方でも歓迎です!

【仕事の進め方やカルチャー】
フラットな組織で、年齢や役職による差は一切ありません。経歴やバックグランドはみんなバラバラ。仕事に関する提案や議論は大歓迎!
・オフィスはありますが、出社義務はありません
・キラキラ感はありませんが、目の前のことを粛々とロジカルに進める合理性のあるチーム
・プライベートは分かれていて休日には会いませんが、そのわりに頻繁に飲みに行きます

■ 無駄な会議・営業は一切しない
会議は最小限。「訪問営業」は一切なく、すべてインサイドセールスで完結します。可能な限り自動化・効率化、SaaS周りも積極導入。「サービスの価値を高めることだけに集中できる」環境づくりを実現しています。

■昼寝も自由
仕事効率を高めパフォーマンスを上げるためなら、昼寝も自由。仮眠ベッドもあります。

編集長の募集内容

画像3

ユーティルのサービスの集客の要は「コンテンツマーケティング」です。そのコンテンツマーケの中心を担う「編集長」ポジションの方を募集しております!

【 実際の業務 】
■Web幹事の記事の編集・リライト

・新規記事の企画、制作、編集、既存記事のリライト、マニュアル作成
・構成案の作成、ライターのマネジメント・発掘
・ホワイトペーパー・メルマガ・動画などのコンテンツ制作
お客様はインバウンド経由が基本のため、SEO的に最適なサイトとシェアされるコンテンツを通じて相談してくれるお客様をいかに増やすかが重要です。当社はSEO担当を置いていません。マーケの観点を全員が持っていて、みんなが知っていて当たり前だとの認識があるからです。

■新領域ポータルサイトの編集
動画制作版のWeb幹事「動画幹事」を2020年にリリースしました。コンテンツSEOをおこなっていくため、こちらでもお力をお借りしたいです。

【 ユーティルで働くことで得られるメリット 】
・成長期のメディア(Web幹事)と、立ち上げ(動画幹事)の双方に携われる
・コンテンツの品質に徹底的にこだわれます
・創業メンバーに近いポジションでの参画
・無駄な営業や非効率な作業は、どんどん削っていく合理性
・元「超」有名BtoBオウンドメディアの編集長の研修付

【こんな方を求めています!】
・記事、動画などコンテンツづくりに携わるのが好きな方。絵、ツイッター、漫画でもいいです。いいアイデアや人を見つけ、役立つコンテンツを届けたいという想いの強い方。これが一番必要です
・SEO対策の知識があれば大歓迎です!(なくても構いません)
・なぜやる必要があるのかを常に費用対効果でジャッジできる力のある方。Webは数字が出ます
※年数不問。未経験可

【歓迎スキルや経験】
・SEOの経験と知識
・Webメディア・オウンドメディアの運用経験
・編集の経験

【やりがいや醍醐味】
これからWeb幹事以外の相談窓口のポータルをどんどん立ち上げます。当社サービスの存在をどうやって日本のビジネスパーソン全員に届けるか。相談窓口の良さを徹底的に伝え、届けてください。

社会性が高い、ビジネスパーソンの困っている課題を解決することで、日本人の働き方すら変えられる可能性があります。意味のあるサービスですし、そこに共感していただける方にきてほしい。

少しでも興味を持たれた方、一度お話してみませんか?
お待ちしております!

ユーティルへの応募はこちらから!

少しでも興味を持っていただけた方はこちらからご応募ください。
Zoomなどのカジュアルな面談でも全然OKです。まずは軽くお話できますと幸いです。宜しくお願い致します!

またユーティルの採用ピッチはこちらからご覧いただけます。
より事業について細かく記載していますので、あわせてご覧ください!


8
「Web幹事(https://web-kanji.com/ )」「動画幹事(https://douga-kanji.com/ )」などを運営する株式会社ユーティルの採用メディアです!事業のことやメンバー紹介など、ユーティルの事を知ってもらえるような情報を発信していきます!

こちらでもピックアップされています

ユーティルの求人概要
ユーティルの求人概要
  • 6本

株式会社ユーティルで募集中の求人概要です。もし興味をもっていただけたら、まずはカジュアルにお話しましょう!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。